こども福祉

子供福祉
小・中・高等学校の児童・生徒を対象に、社会福祉への関心や理解を深めるとともに、地域での体験活動を通して、思いやりの心を育み、お互いに連携し助け合う力を養い、合わせて家庭や地域社会への啓発を図ることを目的としています。

児童・生徒によるボランティア推進校(福祉協力校)

地区社会福祉協議会の推薦を受けた実施希望校の中から、ボランティア推進校を指定します。指定期間は3年間。弘前市社会福祉大会で体験活動発表(毎年2~3校)を行います。

平成26年度の推進校
3年目
第五中学校・東目屋中学校・堀越小学校・三省小学校・福村小学校・松原小学校
1年目
大成小、時敏小、北小、城西小、西小、石川小
主な活動(一部)

福祉施設への訪問・交流・奉仕活動、地域の保育園や格団体等との交流、プルタブ・ペットボトルキャップ等の収集活動、地域の一人暮らし高齢者宅等の雪かき・年賀状作成、地区敬老大会への参加、東日本大震災被災地中学校との交流

児童生徒の福祉体験学習

夏休みや冬休み中の児童生徒を対象に、社会福祉への関心や理解を深めてもらうことなども目的に体験学習を行います。

内容例
障がい者による講話・車椅子バスケットボール体験・高齢者疑似体験・車椅子操作体験・点字体験

車いすバスケットボール

高齢者疑似体験

小中高等学校等で児童生徒に対して、高齢者疑似体験や車椅子操作を行う際に、職員を派遣して体験学習のお手伝いをしています。

車いす

地域福祉課お問い合わせ

カテゴリ/サービス/活動内容から探す

お問い合わせはこちら

高齢者・障がい者支援・ボランティアなど、お気軽にお問い合わせください。電話番号 0172-33-1161 受付時間 8:30~17:00

お問い合わせフォーム
ページ上部へ戻る